上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top


歯みがき粉、どうやって選んでいますか?
虫歯や歯周病など口の中の悩みは尽きませんが、健康な状態を保つためにどのような成分が必要なのでしょうか。


・歯みがき粉の役割

歯みがき粉の役割は、歯ブラシでこすった箇所の汚れを落とすだけではありません。
歯みがき粉の成分が、歯にこびりついた汚れに染みこみ、浮かせて落としやすくしてくれるのです。
その他にも、口の中のネバネバや細菌を取り去って爽快感を与えたり、歯石がつきにくくなる効果を持っています。


・成分を見てみよう

歯みがき粉を選ぶ際は、パッケージの成分表示を見てみましょう。
口の中の状態によって、入っていたほうが良い成分、あまり使わないほうが良い成分など、使い分けることが大切です。


・虫歯予防に最適なのは?

虫歯予防に効果的な成分として「フッ素」があります。
フッ素は歯の再石灰化を促したり、歯垢(プラーク)が作る酸の発生を抑えます。
歯医者さんでも虫歯予防として、歯にフッ素を塗ってくれるケアもありますね。
少々お値段ははりますが、フッ素配合の歯みがき粉は薬局でも多く販売されています。


・歯周病予防に最適なのは?

歯周病が心配な方は、歯や歯ぐきに刺激を与えすぎないことが重要です。
多くの歯みがき粉には研磨剤が含まれていますが、これは歯の表面を薄く削りながらプラークを除去する働きを持つため、研磨剤の入っていない歯みがき粉を選んだ方が良いでしょう。
昔に比べるときちんと成分が見直され、研磨効果はそこまで強力ではありませんが、歯を長く磨いたり、強く磨く人にはおすすめできません。
また、ミントの香り成分は刺激が強く、これも歯ぐきへとダメージを与えるため、なるべく香料の刺激が少なめのものを選びましょう。


・歯みがき粉選びや歯みがきの際に注意することは?

歯みがき粉は歯の汚れを落とすことに効果的ですが、歯みがき粉に頼りすぎてきちんと磨かず歯みがきを終えてしまい、結局虫歯になってしまった・・・ということもあるようです。
歯ブラシが開いて使いづらくなっていないか、細かいところまで時間をかけて磨けているか確認して、虫歯や歯周病を予防しましょう。
また、磨き終わって口に残った歯みがき粉には細菌がたくさん入っているので、絶対に飲み込まず、よく水ですすいで流してください。

関連記事
2014.07.02 Wed l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://asanodental.blog134.fc2.com/tb.php/770-a70d146d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。