上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top


今日は、台風18号が近付く中、朝から本町のマイドームおおさかまで講習会に行ってきました。

幸い雨にも濡れず、終わった後は、松屋町筋を経由して難波までウォーキングしながら、「作ノ作」でラーメンを食べて帰宅しました♪




スポンサーサイト
2014.10.05 Sun l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top


今日は、朝から難波で勉強会でした。

とても有意義な内容で、明日からの診療にも活かせそうです!

2014.09.21 Sun l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top
最近、「歯科に行ったら、高い保険外の歯を強引に勧められた」という話をよく聞きます。

当院では、保険治療が可能なモノは、必ず優先して保険治療を説明しています。

もちろん、患者さんからご質問があれば保険外治療もお話しますが、
決して、保険外のモノを強く勧めるような事はありませんので、ご安心してお越しください。

2014.09.18 Thu l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top
歯周病と全身疾患の関連性は、かなり根深いようです。


岡山大学大学院医歯薬学総合研究科歯周病態学分野の工藤値英子助教と高柴正悟教授らの研究グループが、歯周病の原因細菌の一つであるポリフィロモナス ジンジバリス菌に対する血液中の免疫グロブリンG抗体価が高い歯周病患者では、動脈硬化に関わる悪玉コレステロールの値が高いことを、東京都と千葉県の開業医(歯科医師と内科医師)のコンソーシアムによる臨床観察研究によって突き止めました。

本研究成果は、2014年8月14日に日本の英文歯科学雑誌『Odontology』に掲載されました。

これまで、歯周病が動脈硬化に関連することが指摘されてきました。また、マウスを用いた研究で、歯周病細菌の感染が脂質代謝に影響することで動脈硬化を悪化させることが示されてきました。

今回の成果は、ヒトにおいても歯周病細菌の感染が脂質代謝異常の原因となり得ることを示しています。現在進行している研究では、本研究の患者の歯周病を治療することによって脂質代謝異常や動脈硬化へ与える影響が調べられています。今後は、動脈硬化の原因の一つに歯周病があることが分かるかもしれません。

2014.08.30 Sat l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top
8月の夏季休暇のお知らせです。

8月20日(水)~24日(日)まで、休診させて頂きます。。

皆様には大変ご迷惑をお掛けしますが、宜しくお願い申し上げます。

2014.08.20 Wed l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top


今日は、診療室のエアコン掃除にダ○キンさんに来て貰ってます♪

明日からは、更にキレイな空気でお仕事出来そうです。(´∀`)

2014.08.17 Sun l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top


虫歯の放置は他の病気を招くと言われるが、歯科医院を訪れるのは大人でもなかなか気が進まないものだ。女装タレントのマツコ・デラックスは、ある出来事がきっかけで年に1~2回は歯科検診を受けなければと痛感したことを語った。

「成人の7割は銀歯を保有」。“銀歯は年数が経つと劣化し、虫歯の原因にもなるので定期的な検査が望ましい”とあった。コメンテーターのマツコ・デラックスも「“一度治療して銀歯を被せれば一生大丈夫”なんて思っていたら、大変なことになっている場合がある」と、自身の体験談を話し始めた。

左の上顎のあたりを指差したマツコは、虫歯が進行して頭蓋骨の空洞にかなり膿がたまっていたという。別の歯の治療で医院を訪れ、レントゲン撮影した際に判明したのだ。自覚症状は無かったが頭蓋骨の空洞の半分くらいに膿がたまり、外科手術を受ける一歩手前だったらしい。「銀歯の奥でエライことになってる時がある」と話し、歯の定期検診は大事だと訴えていた。

またもう一人のコメンテーター・株式トレーダーの若林史江は現在、大掛かりな歯の治療中なのだが、高額な治療を勧める歯科医に対して「どこまでが商売なんだろう」との疑問があるらしい。“空いた箇所にはインプラントを”“差し歯はオールセラミックで”と次々と提案されるが、ほとんどが保険外治療のものばかり。自分に適している必要な治療だと、なかなか納得できないようだ。

マツコと同じように虫歯が原因で頭蓋骨の空洞に膿がたまったという経験者は意外にも多い。特に、歯が痛いなどの自覚症状があっても、治療を先延ばしにしていた方の体験談が多かった。やはり大事になる前に、治療は早めに受けることが望ましい。

2014.08.13 Wed l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top
虫歯治療などの結果、銀歯(銀の詰め物やかぶせ物)を保有している人は成人の7割に上ることが医療用品を扱うスリーエムヘルスケア (東京)の調査で分かった。

今年5月、20~60代の男女計2万人にインターネットを通じて聞いた。
全体の銀歯保有率は71%で、特に40代は80%に達した。男女別では女性75%、男性67%で女性の方が高かった。銀歯のある人を各年代、男女から均等に計1030人選んで保有年数を聞くと、10年超の人が42%いた。

銀歯は年数が経過すると劣化し、歯との間に生じた隙間に細菌が侵入して二次的な虫歯のリスクが高まるという。銀歯を長期保有している人に対し、専門家は歯科医院での検査を勧めている。

(47NEWS-47ニュース)

2014.08.13 Wed l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top
浅野歯科医院は、8月11日(月)~16日(土)の期間、診療しております。(13日水曜のみ休診)

お問い合わせTEL番号:072-258-2992

2014.08.09 Sat l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top



毎度の食事で小顔マッサージ

小顔体操やマッサージ、それにいろんな小顔グッズなども出ていますが、長続きしていますか?毎度の食事で意識して「よく噛む」という基本的な動作を行っているだけで、顔にある4つの咀嚼筋が鍛えられて、小顔効果につながります。

4つの咀嚼筋

食べるときによく噛む行為を「咀嚼運動」と言いますが、顔の筋肉のうち「側頭筋」「外側翼突筋」「内側翼突筋」「咬筋」この4種類の筋肉が咀嚼筋と呼ばれるもの。この4つが協力しあって動くことで脳に指令が行き、唾液の分泌や、満腹感、循環器や消化器系の働きが促されます。

また咀嚼筋を動かすことで、二重あご予備軍の脂肪が燃焼されやすくなるので、小顔はもちろん、お肌の脂質代謝でテカリやニキビ予防になるのも嬉しいですね。

アミラーゼは女子の味方酵素!

咀嚼筋の働きで口の中で分泌される唾液中のアミラーゼの美肌効果にも注目!アミラーゼとは大根や蕪などから摂取することもできますが、人の唾液中にももともと含まれる消化酵素。よく噛む行為でアミラーゼの分泌が増えると、食べ物が各器官で消化吸収される際に、酵素で満たされるので、処理がスムーズになり、食べ物の栄養がお肌にも行き届きやすくなります。

発酵食品や生野菜が不足しても、よく噛むだけで分泌される嬉しい酵素なうえ、若さをキープする「パロチン」というホルモンも分泌されます。そしてアミラーゼは天然のクリーニング剤ともなるので、口臭予防にも!


「よく噛む」という当たり前だけど、なかなか実現できていない何気ない行為が小顔と美肌を育くむので、今日のお食事から意識してみましょう。これなら継続できそうですね。

2014.08.01 Fri l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top
御存知でしたか?

唾液は口腔内環境に大きく影響する事を。そして、残念な事に唾液の分泌は年齢とともに減少するのです。そこに、正しい口腔ケアの不足や、ストレス、お口の周りの筋肉を使わないなど・・・の、さまざまな事が重なると唾液の質が低下し、身体の色々な不調の原因となるのです。

口腔内環境が悪化してしまうと、唾液の本来持っている免疫作用が低下してしまうので、虫歯や歯周病のリスクが上がってしまうだけでなく、風邪を引きやすくなったりしてしまうのです。

気になるなぁ・・・。と、思ったらお気軽にご相談ください。

2014.07.19 Sat l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top
2005年のことだ。私は抗がん剤を告発する著書の取材で、忘れられないほどの衝撃を受けた。厚生労働省(電話03-5253-1111)に電話取材したときのことだ。
「抗がん剤って、がんを治せるのですか?」

電話口に出たK技官(あえて実名は秘す)は、私の質問にこう答えた。
「抗がん剤ががんを治せないのは周知の事実です」
私はあまりにも驚いて、一瞬、言葉を失った。
「抗がん剤は毒物だとも、私は聞いたのですが?」
「大変な猛毒物質です」。これも、実にあっさりと答えた。

私は絶句しながらも、
「がんを治せないのに、そんな猛毒物質をがん患者に打っているのですか?」
「そのとおりです」
「猛毒だったら、患者さんは死んじゃうじゃないですか?」
するとK技官は、少し声を落としてこう答えた。
「そういう方が大勢いらっしゃるんですよね……」

これではもはや治療ではない。たんなる“毒殺”じゃないか! 
気を取りなおして、私はさらに聞いた。
「抗がん剤には発がん性があるとか?」
「大変な発がん物質です」と、K技官はきっぱり言い切った。
「ええっ、がん患者に強烈な発がん物質を打っているの!それでは、新しいがんが発生してしまうのでは?」
「そういう方が大勢いらっしゃる……」

抗がん剤担当のK技官が、あまりに平然と答えるのに驚愕した。“かれら”にとっては、以上の事実は、当たり前のことなのだ。 ここまで読んだ読者は、息が止まるほど驚いたにちがいない。
「そのような猛毒を、なぜ衰弱したがん患者に打つのだ!」
私は取材というより怒りの声で怒鳴りつけた。さらに、「そんな猛毒が、なんでクスリに化けるのだ!」と問いただした。すると、K技官の説明では
「抗がん剤を投与すると、10人に1人くらいに腫瘍縮小がみられるんです」
という。それを“効いた”と判断して医薬品(抗がん剤)認可するのだという。

10人のうち残りの9人のがん腫瘍はピクリとも変化しない。それでも「効能あり」とする、わが国の薬の認可制に唖然とする。悪辣なペテンというしかない。それも、観察期間は投与後わずか「4週間以内」だという。
「アンタの寿命は4週間か!」。私は思わず怒鳴りつけていた。

2014.07.17 Thu l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top
たまに、金属アレルギー、レジンアレルギーの患者さんが来院されます。
特に、化学物質過敏症の方は要注意です。

金属にも多種ありますので、自分がどの金属にアレルギー反応があるのか?
また、歯科で良く使われるレジンというプラスティックに似た材料にもアレルギー陽性の方もおられます。

そういうケースでは、まず皮膚科でパッチテストが出来ますので、事前に調べた方が良いかもしれません。

流れとしては・・・
歯科で治療計画を立ててもらう→使用薬剤と材料をリストアップしてもらう→皮膚科でパッチテスト。

ただ、パッチテストが原因でアレルギーになることもあるので検査項目にはご注意ください。

また、費用は基本自費になります。

2014.07.16 Wed l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top


今日は歯周病の講習会へ行ってきました。

朝から大雨で、絶好の勉強日和になりました♪

世の中には知らないことが、まだまだ山ほどある。
楽しいな!o(^-^)o

2014.07.13 Sun l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top


歯を磨いていると、ふと歯茎の下がりが気になることはありませんか? 「毎日磨いているのに、歯周病!?」と不安になったことがある方もいるのではないでしょうか。

今回は、歯茎の下がりの原因と対策を見ていきたいと思います。


■下がった歯茎が教えてくれること

歯茎の下がりの原因として、一番注意しなければならないのが歯周病。歯周病というと、30代以降の悩みだと思いがちですが、10代でも20代でもかかる恐れがあるので、楽観視してはいけません。

年齢とともに歯茎は下がってしまうものですが、素人では歯周病なのか、年齢の問題で気にする必要がないのか判断が難しいです。

歯茎の下がりが気になっているのに、しばらく歯医者に行っていない方は、これを機にぜひ一度受診しましょう。歯周病は、痛みなどの自覚症状がないため、知らないうちに進行してしまいます。放っておくと、ポロッと歯が抜け落ちてしまうかもしれませんよ。


■歯茎の下がりを食い止める方法3つ

歯医者で歯周病ではないとわかっても、歯茎の下がりは気になりますよね。では、年齢による歯茎の下がりを食い止める方法を、チェックしてみましょう。

(1)やさしくブラッシングする

しっかり磨かなければという意識は大切ですが、一生懸命磨き過ぎて力を入れ過ぎるのはNG。歯茎にダメージを与えて、歯茎の下がりを進行させてしまいます。また、力を入れ過ぎてしまうと、歯ブラシの毛先がつぶれて、うまく歯の表面に当たらなくなってしまうため、逆にキレイに磨けません。鉛筆を持つように、軽く歯ブラシを掴み、やさしくブラッシングしましょう。

(2)ヒアルロン酸注射で即効回復

すでに下がった歯茎を今すぐ何とかしたい方は、ヒアルロン酸注射という手もあります。審美に力を入れている歯医者で取り扱っているので、要チェックです。

(3)歯茎を作る食べ物を摂取

歯周病を予防し、丈夫な歯茎を作るには食事も大切です。歯茎を作る良質なたんぱく質、ビタミン、ミネラルを毎日しっかり摂ることが大切。現代人は、肉類を食べ過ぎている傾向があるので、たんぱく質は豆腐からの摂取がおすすめです。ビタミン、ミネラルは食事から摂るのが基本とした上で、マルチビタミン、マルチミネラルのサプリメントを活用するのもよいでしょう。


歯周病はサイレントキラーとも呼ばれるように、知らないうちに進行してしまう怖い病気。笑顔が台無しになってしまう前に歯医者に行き、歯茎のケアも始めてみてくださいね。

2014.07.04 Fri l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top


歯みがき粉、どうやって選んでいますか?
虫歯や歯周病など口の中の悩みは尽きませんが、健康な状態を保つためにどのような成分が必要なのでしょうか。


・歯みがき粉の役割

歯みがき粉の役割は、歯ブラシでこすった箇所の汚れを落とすだけではありません。
歯みがき粉の成分が、歯にこびりついた汚れに染みこみ、浮かせて落としやすくしてくれるのです。
その他にも、口の中のネバネバや細菌を取り去って爽快感を与えたり、歯石がつきにくくなる効果を持っています。


・成分を見てみよう

歯みがき粉を選ぶ際は、パッケージの成分表示を見てみましょう。
口の中の状態によって、入っていたほうが良い成分、あまり使わないほうが良い成分など、使い分けることが大切です。


・虫歯予防に最適なのは?

虫歯予防に効果的な成分として「フッ素」があります。
フッ素は歯の再石灰化を促したり、歯垢(プラーク)が作る酸の発生を抑えます。
歯医者さんでも虫歯予防として、歯にフッ素を塗ってくれるケアもありますね。
少々お値段ははりますが、フッ素配合の歯みがき粉は薬局でも多く販売されています。


・歯周病予防に最適なのは?

歯周病が心配な方は、歯や歯ぐきに刺激を与えすぎないことが重要です。
多くの歯みがき粉には研磨剤が含まれていますが、これは歯の表面を薄く削りながらプラークを除去する働きを持つため、研磨剤の入っていない歯みがき粉を選んだ方が良いでしょう。
昔に比べるときちんと成分が見直され、研磨効果はそこまで強力ではありませんが、歯を長く磨いたり、強く磨く人にはおすすめできません。
また、ミントの香り成分は刺激が強く、これも歯ぐきへとダメージを与えるため、なるべく香料の刺激が少なめのものを選びましょう。


・歯みがき粉選びや歯みがきの際に注意することは?

歯みがき粉は歯の汚れを落とすことに効果的ですが、歯みがき粉に頼りすぎてきちんと磨かず歯みがきを終えてしまい、結局虫歯になってしまった・・・ということもあるようです。
歯ブラシが開いて使いづらくなっていないか、細かいところまで時間をかけて磨けているか確認して、虫歯や歯周病を予防しましょう。
また、磨き終わって口に残った歯みがき粉には細菌がたくさん入っているので、絶対に飲み込まず、よく水ですすいで流してください。

2014.07.02 Wed l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top


これは「アイ(合い)マーク」と呼ばれるものなのだそうです。アイマークとは、「位置を示す合わせ印」のこと。

なお、このアイマークについて、サンスターは「表と裏を機械で認識するため」の目印と回答。一方、花王は「真ん中を機械で認識するため」の目印だと回答した。また、ライオンは「チューブの真裏位置を機械が検知できるように」と、表裏と真ん中の両方を認識しているとのことでした。

そういえば、真ん中に印が付いているものと、中心から少しずれた位置に印があるものがあります。「機械で位置を認識するための目印」という用途は変わらないものの、メーカーによって「表裏を判断するための目印」なのか「中心を判断するための目印」なのかという点で異なっているようです。

結論:チューブの四角いマークは、「封をする前のチューブは円筒形であるため、形からは表裏や正面を認識できない」という理由から付けられた目印でした。

2014.06.28 Sat l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top
歯周病の原因となる細菌をのみ込むと腸内細菌が変化して様々な臓器や組織に炎症を起こすことが、新潟大大学院医歯学総合研究科の山崎和久教授(58)のグループの研究で明らかになった。

 歯周病が動脈硬化や糖尿病などのリスクを高めることは知られており、口腔(こうくう)内の衛生管理が全身の健康を保つことを裏付ける研究結果として注目されそうだ。

 これまでは、歯周病になった歯茎などの患部から細菌などが侵入し、全身を循環して血管や脂肪組織、肝臓などに炎症を起こすと考えられていたが、具体的な立証はされてこなかった。

 研究では、歯周病の原因菌の一つをマウスの口に投与したところ、腸内細菌のバランスが崩れ、腸壁の細胞の間に生じた隙間に悪玉菌が侵入した。これによって、悪玉菌の毒素が分解されずに腸から吸収され、血液を通して様々な臓器に広がることが証明された。

 これらの変化は、肥満や糖尿病でみられる特徴と似ているため、歯周病が全身に悪影響を及ぼすことの解明につながる可能性が高いという。

 山崎教授は「早い時期からの口腔管理が、将来的にメタボリックシンドロームなどのリスクを減らすことにつながる。新たな治療法の確立につながってくれれば」と話している。

2014.06.20 Fri l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top
しばしば、”歯科で予約して、時間通りに行ったのに・・・毎回30分以上待たされる!”という話を聞きます。

当院では、只今「お待たせしないキャンペーン」を実施しております。

前日までにご予約いただいた患者さんには、通常時間通り。。どんなに長くても10分以上お待たせしないように、スタッフと連携して実行しております!!

歯科で待つのが嫌だ・・・という患者さんは、是非お問い合わせください。(ただし、前日までのご予約無しの方は、あくまでご予約の方優先になりますのでご注意くださいませ。)





2014.06.15 Sun l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top
事前予告です・・・当院は、今年は8月中頃のお盆休み期間も診療しております♪

今年は8月11日~16日の一般的なお盆の期間は、毎日通常通り診療しております!(13日水曜のみ休診)

「お盆の期間は、歯科はどこも閉まっているんだよな~」という方は、是非お問い合わせください。


2014.06.12 Thu l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top
歯周病が動脈硬化を引き起こす仕組みを、愛知学院大の松原達昭教授(循環器内科学)らの研究チームが解明し、4日付のオンライン科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に掲載される。松原教授は「命を守るためにもしっかり歯磨きを」と話している。

松原教授によると、以前から歯周病は動脈硬化を起こす要因の一つと指摘されていたが、実験によって関連性を実証できたのは初めてという。

ラットの歯をナイロン糸で縛り、歯の表面などに歯垢(しこう)をためて歯周病にかからせたところ、歯周に「単球」と呼ばれる白血球内の細胞が増加し、活性化した。4週間後に調べると、単球が血液の循環によって大動脈の内側に付き、炎症を起こしていた。この炎症が動脈硬化につながる恐れがある。

松原教授は「今後、歯周病予防はますます重要になる」と説明した。

2014.06.04 Wed l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top


正面入り口付近のお花を、新しいプランターにリニューアルしました。

2014.05.30 Fri l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top


1.理想の歯磨き回数は?
朝、昼、晩の毎食後3回が理想的です。そして、歯磨きは食後30分してから磨くのが、1番良いとされています。なぜかというと、食後すぐのお口の中は酸性に傾いて歯の表面が溶かされ、弱い状態になっており、そのような弱い状態の歯を歯ブラシで磨いては、歯の表面にキズをつけてしまうことになってしまうからです。また、食後30分待つことで、唾液の中に含まれるリン酸カルシウムという成分によって歯の再石灰化が促され、歯が強化されるんです。

2.歯ブラシの選び方
ブラシのついている部分をヘッドといいます。このヘッドの部分はなるべく小さめのものを選ぶようにしましょう。ヘッドが小さい方が奥まで入るので、しっかり磨くことができます。またブラシは普通~柔らかめのものを選ぶようにしましょう。あまり硬いと、歯茎をキズつけてしまいます。さらには歯茎が下がってしまって、歯の根っこが出てきてしまい、その結果、知覚過敏になってしまうこともあるんですよ。

3.歯間ブラシやフロスを併用することのススメ
いちばん汚れがたまりやすいのは歯と歯の間。歯ブラシだけでは、歯と歯の間にたまった汚れを取り切ることはできないんです。ここで活躍するのが、歯間ブラシやフロスです。1日3回はちょっとという人でも、せめて、最も時間の余裕がある夜の歯みがきタイムだけでも、これらを併用して使ってみてください。想像以上に汚れが取れてスッキリしますよ!

4.歯磨きタイムは自分磨きの時間
毎日の習慣である歯磨きタイムを上手く活用して、ながらダイエットをしてみませんか?あくまでも、メインは歯磨きなので、簡単に出来るエクササイズをご紹介したいと思います!
まずは踵を上げ下げしてみてください。毎回続けることでふくらはぎが引き締まってくるはずです。次に片足立ちをしてみてください。こうすることで、体幹をきたえることができ、ダイエットにつながります!

2014.05.28 Wed l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日は、待合室のエアコンの分解清掃を業者さんにお願いしました。




壁掛けタイプですが、キレイに清掃して貰いました。



スッキリしました♪

2014.05.18 Sun l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top
出産多い女性、残る歯減る傾向 「妊娠中も十分ケアを」

出産回数の多い女性は将来、残る歯が少なくなりやすいことが、東京医科歯科大の植野正之准教授(健康推進歯学)と国立がん研究センターなどの共同研究でわかった。妊娠中はホルモンバランスが変化して虫歯などになりやすい上、治療を避ける傾向があるためらしい。

 1990年に秋田県の40~59歳の男女に健康状態や生活習慣を尋ね、15年後の2005年に歯科検診を受けてもらった。1211人(男性562人、女性649人)について、親知らずを除く永久歯28本のうち何本残っているかを、年齢や喫煙経験、甘い物好きかといった食習慣の影響を取り除いて調べた。

 その結果、出産回数0回の女性は18・6本の歯が残っていた。しかし、出産回数2回で18・3本に減り、3回では16・4本だった。4回以上だと15・6本となり、0回の人に比べて約3本少なかった。上下でかみ合っている奥歯の数も出産回数が増えると減った。男性について子どもの数で同様に分析したが、歯の数との関連はなかった。

2014.05.01 Thu l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top


今日は、快晴の中、難波まで講習会に行ってきました。






色々、勉強になりました。(byエリザベス)

2014.04.27 Sun l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top


雑誌「プレジデント」によると、70-74歳で「リタイア前にやっておけばよかったと後悔していること・健康面」のダントツトップが「歯を大事にしておけばよかった」であることが判明しました。

特に年金生活世代になって所得が減り始める頃に、逆に多額の歯科治療費が発生することが家計を圧迫するようです。

まさに40-50代になったら、予防歯科への取り組み意識が非常に重要ということ。そしてそのポイントは「口腔内菌」の管理です。

リタイヤ後の明るく楽しい人生の為に、30代から予防歯科をかかりつけ医にしましょう(^_^)

2014.04.17 Thu l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top
(クリックで拡大)

先程、患者さんに近所の山で掘りたてのタケノコ頂きました。┗(^o^ )┛

ありがとうございます!

2014.04.08 Tue l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top
4月1日より、消費税が5%→8%へ増額されます。

当院では、自主努力により4月1日増税後もこれまで通り、歯ブラシ1本120円、自費の被せや入れ歯の価格・・・全てを据え置き価格で提供させて頂きます。

4月以降も、これまで通りの値段ですので、ご安心ください。

(浅野歯科医院)

2014.03.31 Mon l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top
大きな虫歯でもないのに、噛み合わせが原因で抜歯につながることがあるのをご存知ですか? 噛み合わせでは歯と歯がぶつかるため、その衝撃はかなりのもの。歯のエナメル質がひび割れを起こすこともあります。さらに子どもの頃から毎日毎日同じ動作を繰り返すため、少しの使い方の違いが、大きな違いとなって現れやすいのも歯だといえます。そこで、歯の寿命を延ばすための正しい噛み方の5つのポイントをご紹介します。

■1. 左右バランスよく噛む

 多くの人にある「左右の噛み癖」。実は無意識のうちに、より奥に噛み合わせることができる側で噛んでしまうことが多いのです。同じ側の歯ばかり使っていると、そちらの歯がほかのはより早く痛んでしまいます。また、噛み癖によって噛みやすい歯がダメになると、無意識に反対側に移動したりします。

 噛み癖を治すのは簡単そうで意外と難しいため、もし100%片側で噛んでいるのであれば、70%程度にするように心がけ、残り30%を反対の歯で噛んで分散するようなイメージにすると、噛める歯にかかる負担が減少して歯を長持ちさせることにつながります。

■2. 噛み合わせの違和感を放置しない

 噛み合わせが原因で歯周病などが急速に進行して抜歯につながるような場合でも、多くの場合、噛むと違和感がある状態がしばらく続くものです。その違和感を放置すると自然に治ったかのような錯覚が起こり、違和感を無視してしまうことがあります。これはあくまで違和感に慣れているだけであって、回復したり、改善したりしているわけではありません。

 違和感が長期間続くような場合は、噛み合わせが原因で歯にダメージを与えていないかどうか、かかりつけの歯科医院でチェックしてもらいましょう。小さな違和感のうちに歯の噛み合わせを調整することで、すぐに完治したり、そのまま放置すれば抜歯になるようなケースを防いだりできます。

■3. 前歯をあまり使わないようにする

 前歯は奥歯と違って、硬いものを噛んだり、負担をかけて噛んだりすると、受けるダメージが大きくなります。前歯は奥歯のように上と下の歯が同一線上に並んでいないので、強く噛むと上の歯が前方(外側)、下の歯が内側に押されるようになっています。年齢とともに噛み合わせの力によって歯が移動して、上の歯が出っ歯ぎみになってくるのもこのためです。

 歯は奥歯から無くなってしまうことが多いので、入れ歯やインプラントで奥歯を作らないでいると、前歯にかかる負担が増えて、次第に前歯もダメージを受けるようになってきます。

 食パンや野菜類などであれば前歯で噛み切っても問題はありませんが、硬い肉などを前歯で噛み切るような行為は、前歯にダメージを蓄積しがち。前歯を奥歯のように使用しないよう心がけることで、歯の寿命を少しでも伸ばすことにつながるのです。

■4. 歯ぎしりはときどき噛み合わせをチェック

 歯の寿命に関していうと、歯ぎしりはデメリットのみでメリットはほとんどありません。だからといって歯ぎしりを止めることもできません。さらに自分では気にならなくても、歯科医院などの検診で指摘されることがよくあります。

 歯並びは噛み合わせの力によって押されて変化するため、歯がぶつかる角度や強さは変化します。さらに歯もよくぶつかる部分のみが多く摩耗して、ときどきしかぶつからない部分はあまり摩耗しないため、使っていくうちに歯の形のバランスが崩れてきます。そうしてあごの動きとマッチしなくなった歯は、噛み合わせの力で揺らされてグラグラするようになるのです。

 このため歯の形を顎の動きに合わせて修正(削る)すると、歯にかかる負担を減らして歯の寿命を延ばすことが可能になります。早期であれば0.1ミリ程度の調整で済みます。歯のぐらつきが多ければ、1~2ミリ程度調整が必要になることもあります。

■5. 1回で噛み切らない

 歯は筋肉と同じように噛めば噛むほど鍛えられるわけではありません。逆に使えば使うほどダメージを受けやすい傾向があります。噛む力が歯の許容範囲内であれば、それほど心配することもありませんが、許容を超えた力で繰り返し噛むとダメージが大きく、虫歯や歯周病を悪化させて腫れたりグラグラになったりすることがあるのです。

 そこで固い食べ物などは、1度の強い力で噛み切るようにするのではなく、噛む力を加減しながら、その分回数を多くするように噛むことをオススメします。余分なダメージを歯に与えないようにしましょう。

2014.03.31 Mon l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top
現在、とある施術を皆様に出来る様、準備を進めております。。。

これは、決して痛いモノではなく、むしろ気持ち良すぎて眠ってしまうような患者さんが続出するかもしれないモノです。

近々、詳細を発表出来ると思いますので、しばしお待ちください。

2014.03.24 Mon l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top


今日は、朝から本町の御堂会館で、4月からの保険点数改定説明会でした。

2014.03.23 Sun l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top


今日は、夕陽ヶ丘の会場にて、講習会でした。。。

2014.03.19 Wed l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top
(クリックで拡大)

今日は、快晴でポカポカ陽気の中、ドライブ兼ねて南港ATCの近畿デンタルショーへ行ってきました。

こじゃれたプレートもあり、思わず買っちゃいました。

2014.03.16 Sun l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top


■初めての虫歯治療! まずは口に治療器具を入れられるか

 子どもが食品以外で口の中に入れるのは、スプーンやフォーク、歯ブラシなどが一般的でしょう。いくら虫歯になったからといえ、治療器具をいきなり口の中に入れることはかなりの恐怖を伴います。敏感な子どもの中には、ミラーなどの痛みのない器具ですら口の中に入れさせず、口の中を見るための光さえも口に入れまいと、口を硬く結んでしまうこともあります。こうなると治療どころが虫歯の確認すら困難です。

 低いようで高い壁が、まず器具を口の中に入れるということなのです。かなり敏感な場合を除き、一般的には少しづつ練習を繰り返して慣れさせることで、この段階はクリアできるようになります。焦らずにまずは慣らすことが大切です。

■第二段階は口の中での刺激を我慢できるようになること

 器具を口の中に入れることができるようになると、次に壁になるのが、見えない口の中で感じる刺激です。大人もそうかもしれませんが、子どもが恐怖を感じやすい刺激として、以下のものが挙げられます。

□虫歯治療中の音

 バキュームと呼ばれる吸引器は、吸引の際に比較的大きな音が出ます。さらに歯を切削する際に使用する器具も回転音がします。特に高い音でいかにも回転数が高いように感じられる切削器具なども同様です。口の中に大きな音が出るものを入れるということが恐怖につながります。

□独特の触覚

 歯を削る時、歯がわずかに押されるような感覚が起こります。また切削や乾燥などのために使用するエアーも、口の中で吹き付けると粘膜などにぶつかり、空気が粘膜に触れる感触が生まれます。自分の目で中の状態を確認することができない口の中は、どうしても刺激を敏感に感じやすくなります。

□虫歯治療中の振動

 歯を回転式の切削器具で削ると、どんなにわずかでも振動が歯に伝わります。さらに虫歯を指で持った器具などで除去する際にも歯が引っ掻かれるような振動を感じることがあります。歯に受ける振動は痛みにつながりそうで怖く感じてしまいます。

 これらの虫歯治療の感覚は、どれも子どもにとっては初めてで非常に怖く感じるものです。子どもにも説明をしながら、治療を進めることが大切です。

■第三段階は麻酔時の恐怖を乗り越えること

 子どもの虫歯治療で最後の大きな障害となるのが「麻酔治療」です。この歯科麻酔ができるようになると、虫歯を含め、乳歯の抜歯などほとんど全ての中の治療が普通に行なえるようになります。

 歯科で使用する麻酔針は、インフルエンザの予防接種や血液検査のための注射針に比べてかなり細い針です。さらに注射針と刺す前に表面麻酔という塗り薬の麻酔を塗布しているため、痛みは最小限に抑えられています。

 それでも麻酔する瞬間を自分で確認することができない、しかも普段は食事をするために利用している口の中に注射をしなければならないというそれまで経験したことのない感覚で、ほとんどの子どもは恐怖でいっぱいになってしまいます。表面麻酔を塗布していても神経を集中してしまうので、わずかな痛みでも敏感に反応し、痛みを感じやすくなってしまいがちです。

■個人差が大きい虫歯治療……大切なのは予防と早期発見!

 いずれにしても、小児の虫歯治療は個人差が大きいもの。初めてとは思えないぐらいあっけらかんと麻酔注射をクリアしてしまう小学校入園前の子どもがいると思えば、高学年になっても器具を口に入れる段階がクリアできない子どももいます。

 第二段階までクリアできれば、小さな虫歯であれば十分に治療することができます。第三段階の麻酔が苦手な子どもに関しては、いきなり大きな虫歯を麻酔して治すのではなく、小さな虫歯治療を行なっているうちに自然とできるようになるケースが多いようです。スムーズな虫歯治療を行なうためにも治療の際のトラウマを最小限に抑えられるよう、虫歯の早期発見・早期治療を行なっていくことが大切です。


2014.03.09 Sun l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top


・18歳女性が敗血症のため死亡。その原因は、歯の炎症


先日、シチリア島・パレルモの18歳の女性が敗血症のため死亡しました。その原因は、歯の炎症が肺に転移したことでした。深くなった大きな虫歯。歯医者が苦手だからと放置してしまい、運が悪いとどのような結末を招くが知っていますか?たかが虫歯で命を落とす。虫歯の痛みを放置した結果、口腔内細菌(口の中に住んでいるバイ菌)が血液を介して全身に行きわたり、やがて免疫の機能不全をきたして、血液自体も腐らせてしまうという、現実に起こりうる最悪のシナリオついて解説します。

・虫歯を放っておくと、バイ菌はどんどん病巣を広げる


1、歯に虫歯で穴が空く
歯が虫歯菌によって溶かされると、「冷たい飲食物を飲んだり、甘いものを食べたりすると歯がしみる」などの一般的な虫歯の症状が現れます。

2、穴が深くなり、バイ菌が歯髄(歯の神経)を侵し始める
虫歯が歯髄に入り始めて歯の内部で炎症を起こすと、夜眠れないほど痛みがひどくなります。この状態を歯髄炎といい、熱い飲み物や食べ物もしみたり、何もしていなくてもズキズキと強く痛み出したりします。ほとんどの人はこの痛みに耐えかねて歯科医院を訪れることになります。

3.感染病巣が顎の骨の中にできる
歯髄が完全に腐って死んでしまうと、一時的に痛みは治まってしまいます。しかし、この間、バイ菌は根っこの中を通り、根の周囲に病巣を広げます。根の周囲が膿んでくると、鈍い痛みや疼くなどの症状が出始めます。この状態を根尖性歯周炎といいます。上記の歯髄炎で歯の治療を始めても、途中で中断してしまうと歯の中でバイ菌が繁殖し、根尖性歯周炎になります。強い痛みはありませんが、顎の骨の中でさらに膿が溜まってくると、大きく腫れたり、熱が出るようになります。

・血流に乗って全身にバイ菌が。命に関わる病状をきたしたケースも


4、顎の中で化膿が拡がる
顎骨の内部は骨髄と呼ばれるスポンジ状の柔らかい組織で、ここでバイ菌が広がると骨が腐り始める場合があります。これを骨髄炎といいます。さらに骨髄には血液が豊富に流れているため、この頃になると血液にバイ菌が混じり、血流に乗って全身にバイ菌が運ばれるようになります。これを菌血症と呼びます。

5、血液を介して全身にバイ菌が広がる
血液中には免疫機能を担う白血球がいますので、通常はバイ菌が侵入してきても感染が広がることはありません。しかし、糖尿病などの基礎疾患があったり、栄養状態が悪かったり、疲労の蓄積していたりすると免疫力が低下し、白血球による防御が十分になされない場合があります。バイ菌が心臓に到達し、心臓内部で広がって炎症を起こすと感染性心内膜炎、脳に到達すれば脳膿瘍(脳が膿んでいる状態)など、命に関わる病状をきたしたケースが報告されています。

6、そして敗血症へ
また、新たな飛び火を生じなくても、元の病巣から血液中にバイ菌が供給され続けると、やがて免疫機能が破たんし、爆発的にバイ菌が繁殖して血液が腐った状態=敗血症となってしまう場合もあります。こうなると手の施しようがなく不幸な結末を迎えることになります。

虫歯以外に、歯周病や親知らずの化膿を放置した場合にも、同様の転帰をたどった症例が報告されています。これらは、適切な時期に歯の治療や原因歯の抜歯、抗生剤の投与が行なわれれば、大きな問題になりません。しかし、痛みや腫れがあるのを何度も我慢し、感染が広がった段階でも治療を行わないでいると、命にかかわるリスクが生じる可能性があることを知っておいてください。

2014.03.03 Mon l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top


今日は、難波で講習会でした。



いつ見ても、シュールな建物の前を通りながら・・・




法善寺横丁で、インディアンカレーを食べてきました。

(゜Д゜)ウマー!

2014.03.02 Sun l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top
歯磨きをした後、歯磨き剤の泡をキレイ取り除こうとして、口の中を何度も水ですすいでしまうという方はいませんか? しかし実は、口の中を入念に水で洗い流してしまうと、虫歯予防としては”逆効果”だという事実が明らかになりました。

■歯磨き剤の主要な成分”フッ素”

歯磨き剤の中でも最もポピュラーな歯磨き粉には、いろいろな成分が入っています。歯を白くするための研磨剤、プラーク(歯垢)を除去するための酵素デキストラナーゼや、歯肉の収れん効果がある塩化ナトリウムなどいろいろですが、中でも多くの歯磨き剤に含まれているのが、歯を丈夫にし虫歯予防に効果があるとされる”フッ素”です。

このフッ素を口の中に0.05ppmの濃度で残すと、健康な歯からミネラルが失われる”脱灰”を防げるだけでなく、再石灰化によって歯を丈夫にすることが期待できると考えられています。

ですから、歯磨き後のすすぎは、このフッ素を適量残す程度に行うのがよいのです。だいたい1センチメートル分のフッ素入り歯磨き粉で磨いた後に、うがいをおちょこ2杯の水で行なうと、この理想的な濃度に近づけることができるのだそうです。

■歯磨き剤はすすぎ過ぎると効果減少

「歯磨き剤が口の中に残っていると気持ち悪い」と感じる人もいるかもしれませんが、すすぎ過ぎるとフッ素濃度が薄くなって、せっかくの効果が弱まってしまうのです。大人であればフッ素を口の中に残しても問題はなく、またフッ素は胎盤を通過しないので、妊婦でも問題はないそうです。

ただし子どもには上述のうがいを実践させないでください。なぜなら、永久歯の完成していない子ども(7歳まで)の歯にフッ素が取り込まれ過ぎると、”フッ素症”と呼ばれる病気になるリスクが高まるからです。子どもの歯磨きについては、たっぷりとうがいをさせてください。


以上、歯磨き後の正しい口のすすぎ方についてお伝えしましたが、いかがでしたか? 

多くの方が、歯磨き後は念入りに口の中を水で流していると思いますが、すすぎ過ぎるとせっかくの歯磨き剤の効果が薄れてしまうのですね。次の歯磨きからは、”おちょこうがい”を実践してみるといいかもしれませんよ。

2014.03.01 Sat l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top
(クリックで拡大)

今日は、午前の診療が終わった後、午後から天満へ講習会に行ってきました。

2014.02.22 Sat l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top
(クリックで拡大)

歯科系の学生さんが、作ったバレンタインチョコだそうです。

歯牙模型の印象を採って、歯の部分にホワイトチョコ、歯肉の部分は普通のチョコを流し込んだみたいですね。

これを貰った人は、ビックリするかもしれませんネ。(^ω^)

2014.02.15 Sat l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ランチのあとに歯を磨く人が増えました。働く女性に聞いたアンケートでは、朝、ランチのあと、夜の1日3回磨く人が66.5%に達しています。とはいえ、このタイミングで歯を磨くのは正しいことなのでしょうか?

・ランチのあとに歯磨きをするのは正しい?

口の中に食べ物が入ると、口の中は酸性に傾きます。酸性になると歯の表面が溶けて、虫歯の原因である「脱灰(だっかい)」という状態になります。そうならないためにも、食後に歯磨きするのは大変効果的です。

この脱灰とは、歯の表面からミネラル成分のカルシウムやリンが溶け出す状態のこと。飲食するとプラーク(歯垢)中の細菌が酸を作り出すために起こる現象です。

食べたあとしばらくすると、唾液の力によって、細菌の作り出した酸を中和する作用や洗い流す作用が起こり、溶け出してしまったカルシウムやリンが歯の表面に戻ります。この状態を「再石灰化」と呼びます。つまり食後の歯磨きは、細菌の巣であるプラークを除去する効果があります。

口の中は食べるたびに、「脱灰」と「再石灰化」を繰り返すメカニズムになっているので、再石灰化を促す口内環境作りをすれば、虫歯の進行を抑えられます。


・虫歯になりにくい再石灰化された環境を整えるには?

そのためには、

(1) 糖分の多い飲食物を長時間にわたり摂取しない。
(2) 正しい歯磨き方法でプラークを除去する。
(3) 歯磨き剤の成分にはフッ素が含まれるものを選ぶとよい。

以上の3点がポイント。フッ素にはプラークの働きを抑え、歯質を強化し、虫歯の発生を防ぐ効果があります。そのためフッ化物入りの歯磨き剤などを使用して、歯をコートすると効果的です。


・食後に歯磨きをすることができない場合は?

食べ物が口の中に入れば磨くというのがよいのですが、日常でなかなかそうはいきませんね。虫歯予防に関しては、口の中に残った食べかすをうがいで落とすということで、ある程度の効果はあるかもしれませんが、歯磨きではなくうがいだけでは歯垢が除去できませんので、虫歯を完全に予防することはできません。また、歯周病予防にはまったくなり得ません。

どのような場合においても、「磨いている」と「磨けている」とではちがいますので、定期的に歯科医院で歯の健康をチェックすることをオススメします。

2014.02.11 Tue l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top
(クリックで拡大)

患者さんから、かなり早めのバレンタインチョコを頂きました〜♪

ありがとうございますぅ。

2014.01.30 Thu l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top
歯やお口のトラブルはいろいろとありますが、虫歯・歯周病のみならず、“親知らず”の問題が気になっている人もいるのではないでしょうか?

実はこの“親知らず”、残しておいたほうが後で役立つ可能性が高いと、ご存じでしたか? 

いざ抜いた後で、残しておいたほうがよかったとわかったら、悔やまれますよね。そこで今回は、”残しておいたほうがいい親知らず”の条件についてお伝えします。ぜひ確認しておきましょう。

■親知らずは大切な将来のスペア

年齢を重ねて自分の奥歯が弱くなったとき、親知らずは“スペア”として役立つ可能性が高いのだそうです。実際、“失った奥歯の部分に、サイズが合えば移植できる”、“ブリッジや部分入れ歯の支えになる”といった重大なメリットが指摘されているのです。

ですから、もしあなたの親知らずが、

(1)親知らず自体に虫歯が無い

(2)隣り合った奥歯を押したり、接触面が虫歯になったりしていない

(3)隣り合った奥歯の根元が歯周病になっていない

といった条件を満たしていれば、温存を考えたほうがいいかもしれません。各条件について、以下に詳しくお伝えします。

■1:親知らず自体に虫歯が無い

親知らずは、口の中でも非常に奥まった部分にあるので、歯磨きなど手入れが困難で虫歯になってしまうケースが多いのです。

しかし、親知らずそのものが重大な虫歯になっていない場合は、温存の候補になります。

■2:隣り合った奥歯を押したり、接触面が虫歯になったりしていない

斜めに生えた親知らずが、隣り合った7番目の奥歯(親知らずの1つ手前の奥歯)に変な形で触れ合っていると、接触部分が虫歯になってしまう可能性があります。

ただ、フロス(歯の間を磨くための糸)が7番目の奥歯と親知らずの間に入る、加えてタフトブラシ(親知らず周辺など奥まった部分を磨くためのブラシ)で十分に清掃ができる場合は、歯をきれいに残せる可能性があります。

きれいに残せる限りでは、温存の対象になります。

■3:隣り合った奥歯の根元が歯周病になっていない

歯茎の特質上、露出している部位と比較して、歯と歯の間にある歯茎は弱く、極めて歯周病になりやすいという特徴があります。7番目の奥歯と親知らずの間にフロスが入らない場合、歯茎の弱い部分が細菌に侵され、歯周病になってしまう恐れがあります。

上記のレントゲン写真をご覧ください。親知らずと7番目の歯の周辺に、黒い影が見えると思います。歯周病が進んで、歯の根元が解けてしまっています。

しかしフロスが入り、日常的に手入れができれば、歯周病にならずに済む可能性もあります。近所の歯科医に出掛けて、歯周病の有無をチェックしてください。問題が無いようでしたら、温存の候補になります。

親知らずはレントゲンを撮ってみないと、どのような形で生えているのか正確にはわかりません。いずれにせよ一度歯科医の下へ足を運び、温存できるか相談してみるといいです。

将来、あなたを助けてくれる、大切なスペアになってくれるかもしれませんよ。

2014.01.30 Thu l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top
(クリックで拡大)

今日は、午前診療が終わった後、夜は難波で歯周病の講習会でした。

やはり、歯周病の予防は”歯ブラシ&フロス&歯間ブラシ”が基本中の基本だと再認識しました。

帰り、雨が降り出して折り畳み傘を持って行って大正解♪

2014.01.25 Sat l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top
以前から、患者さんから要望の多かった、金属の金具を使わない入れ歯を本格導入しました。

(クリックで拡大)

この写真の様に、見た目は歯肉と同じようなピンク色です。


(クリックで拡大)

実際に装着すると、このような感じ。
写真奥の普通の金具を使った義歯と比較すると、見た目が自然で、その差は歴然です。

待合室にサンプル模型なども置いておりますので、実際に触っていただくことも可能です。
ご興味お有りの方は、御遠慮なくお問い合わせください。

当院では、インプラントは実施しておりません。そんな中、妙齢の女性の方にハリガネの金属が付いた入れ歯を入れるのは、とても心苦しかったのです。。。しかし、それしか保険のルールでは選択肢が無かったのが事実です。。しかし、インプラントより、安全かつ手短に審美的にも綺麗な義歯を装着する事が可能になりましたので、個人的にはオススメです。

2014.01.21 Tue l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top
(クリックで拡大)

今日は、十三で義歯の講習会でした。

自身、初十三でしたが、結構活気のある街ですね。

2014.01.19 Sun l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top
毎日の歯みがきは、あなたにステキな笑顔を与えてくれますよね? もちろん虫歯の予防にも、歯周病の予防にも欠かせませんが、『British Medical Journal』によると、1日に2回以上歯をみがかないと、心臓病のリスクが70%も増えるというのです! 

どうやら、歯周病のバクテリアが、心臓病を引き起こすらしい事が分かってきているようです。しかも歯周病のバクテリアは、アルツハイマーや不妊症の原因にもなり得るとの事。



■なんと口の中には大量のバクテリアが!

恐ろしい事に、何とあなたの口の中には10〜50億のバクテリアが生息しています。そして、食後約20分の内に、食べカスは悪いバクテリアによって、ネバネバした歯垢に変わり、それを放っておくと、虫歯や歯周病になる訳です。

ただし、仕事先などで忙しくて歯を磨く時間が無い場合には、食後にチーズをかじる事がおすすめ。なぜならチーズは、あなたの口の中のpH値を上げて、虫歯を予防する効果があるからです。フランス人が必ず食後にチーズを食べる習慣があるのは、そういった理由もあるのかもしれません。



■歯の矯正は、見た目だけにあらず

日本でも、歯の矯正をする方が増えているようですが、ガタガタの歯並びでは、あなたの笑顔も魅力半減。でもアメリカでは、歯の矯正は見た目だけではなく、歯の健康のためにも勧める歯医者さんが多いです。歯並びが悪いとキチンと歯が磨けずに歯垢が残り、それが虫歯や歯周病につながるからなのです。

お子さんのいる方は、大体10才くらいの段階で、歯科矯正の専門家のカウンセラーを受けることをオススメいたします。



■角度は45度、フロス&歯間ブラシも忘れないで

まず歯ブラシは柔らかめのモノを。固い歯ブラシは、歯の表面のエナメルを傷つけるだけです。

そして歯ブラシを、歯と歯茎の境目に、大体45度の角度で当て、左右に細かく動かします。1ヵ所に、最低でも5秒は掛けて下さいね。

また、ブラシを使って磨くだけでは、どうしても歯の間に歯垢や食べカスが残ってしまいます。そこで、歯の間にはフロスや歯間ブラシを使ってみてください。



いかがでしたか? 歯の健康は、かなり重要な要素です。いくら歯に対する認識が進んでいると言われるアメリカでさえ、約24%の大人が、知らずに虫歯を持っているそうです。

やはり歯の定期検診は、欠かさない方がいいようです。みなさんもこれを参考に、正しい歯みがきで健康なお口を保ちましょうね!

2014.01.13 Mon l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top
(クリックで拡大)

小1の子供。冬休みの宿題に「歯磨きカレンダー」なるものがありました。

なにやら、毎日歯磨きしたら色を塗ったり絵を描いたりするそうです!

2014.01.05 Sun l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top


気になる異性とデートしているとき、自分の口のニオイが気になることもあるもの。特に食事の後などは、過剰に意識してしまうこともあるはずです。デートに限らず、私たちが気にする「口臭」を予防する方法や対策はあるのでしょうか?

■口臭の原因となるモノは?

口臭対策を考えるには、まずその原因を知ることが大切。

「歯周病や虫歯などの口の病気、あるいは舌にできるコケからニオイが発せられているケースが多いですが、見逃せないのは『歯の間のカス』。口臭のニオイの発生には、これが深く関わっているんですね」

口臭の原因はおもに3つ。なかでも、「歯の間のカス」がポイントになってくるといいます。となると、予防するための方法も見えてきます。

「普段から歯の間のカスを取るようにしましょう。なるべく歯間ブラシを使って、日々ケアをするように。歯磨きは、歯をキレイにする上でもちろん有効ですが、口臭を消すための方法としては、実はあまり効果がありません。歯の間のカスを取ることが大切です」

いくら歯を磨いてもニオイが取れないと悩んでいた人には朗報ですね。歯磨きの際に、カスを取る習慣をつけるのが良いでしょう。

■デートの際も、洗面所で応急処置を

デート中に口臭が気になった場合も、ポイントは「歯の間のカスを除去すること」のようです。

「可能なら、歯間ブラシを持ち歩いて、口臭が気になったときは洗面所で歯の間のカスを取りましょう。食後にカスを取って、水でうがいをすれば、それだけでかなりニオイは軽減されるはずです」

通常のようじでは取れない細かなカスこそが、ニオイの原因。歯間ブラシは歯科医院でも売られているので、エチケットグッズとしても、持ち歩くとかなり便利なのではないでしょうか。


■舌ミガキには注意が必要?

また、口臭の原因としてよく挙げられるのが「舌」。舌の表面にできた白いコケもニオイの元になっています。「舌ミガキ」をすることが重要といわれますが、これには注意が必要なようです。

「舌のコケを取るとニオイが軽減されるというメカニズムは間違っていません。ただし、むやみに舌を磨くと、逆に舌が傷ついて細菌が繁殖しやすくなります。舌ミガキについては、きちんと歯科医の指導を受けた上で、専用の舌ブラシを使って行ってください」

たとえ相手は気にしていなくても、一度自分の中で「口臭」に不安を感じだすと厄介。相手が嫌がっていないか気にして、目の前の会話に集中できなくなることさえあります。だからこそ、応急処置の体勢を万全にして、目の前のデートに全力を注げる環境を作りたいですね。

2014.01.04 Sat l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top
■約90%が高齢者……お餅の窒息事故が最も多い1月

 2013年12月18日に出された消費者庁のリリースで、お餅の持つ特性と加齢による喉の変化で、窒息事故が起こりやすい理由が解説されました。

 リリースによると、厚生労働省の統計から「不慮の窒息」による死亡者数をみると、毎年1月が最も多く、次いで12月。1月の死亡者数の約90%は高齢者です。また窒息事故の原因が食べ物による窒息という高齢者は、40%を超えています。

 東京消防庁管内救急搬送データでは、餅・団子等による窒息事故で救急搬送された人数は、平成20年から平成24年までの5年間で608人。思っていた以上に多い印象を持ちました。

■なぜ高齢者はお餅で窒息事故を起こしやすいのか?

 リリースでは、専門家の知見として、餅の特性と高齢者の口内や喉等の特徴について解説されていましたので、ここで簡単にご紹介します。

 餅は、体温に近い40℃以下に下がるとかたくなる特性があります。たとえ熱々に調理されたお餅でも、冬は室温が低いですし、口に入れて体温より低い温度になると硬くなり、口の中で喉の粘膜などにくっつきやすくなります。気道の入り口に餅がくっつき剥がれない場合、窒息につながることがあるのです。

 一方、口腔内や喉の機能は、加齢とともに変化してきます。歯が抜けたり、入れ歯になることで噛む機能が低下し、また唾液の分泌量が減ることで、食べ物が飲み込み難くなります。他にも口腔内の感覚が低下したり、加齢により喉頭が下がってしまい、食べ物が喉を通るときに食べ物が気道に入り込みやすくなるなど、食べ物を食べて飲み込むための機能が低下します。

 お餅が硬くなってくっつきやすくなるという特性と、高齢者の食べ物を飲み込む機能が低下するという傾向により、高齢者のお餅の窒息事故が起こりやすくなるということです。

 もちろん、噛む機能が未熟な幼児や、大人でもドライマウスなどの症状がある人は、お餅を食べるときには十分注意したいものです。

■お餅を安全に食べるポイントは唾液をしっかり出すこと

 餅を食べる場合は、よくかむことで餅に唾液を十分混ぜることができ、飲み込みやすくなるとともに、喉に餅が張り付くことも防ぎます。朝は唾液の出が悪いので、食事の前に、口の準備体操となるよう、話をしたりすることもよいことです。また、いきなり餅を食べるのではなく、スープ等の滑らかなもので喉を潤してから食べることが、窒息を防ぐことに有効です。

 他にも高齢者や幼児等の窒息事故を防ぐためのポイントとして、下記を挙げています。

・食べる人の能力に応じて、一口で食べやすい大きさに切っておく。
・入れ歯などをちゃんと入れる。
・普段の食事以上によく噛むことを意識する。
・飲み込まないうちに、次のお餅を口に入れない。
・食べるときには、一人でいないように気をつける。

 きなこもちなどは、高齢者だけでなく、中高年やドライマウスの人もむせやすいので気をつけましょう。水分のあるお雑煮やおろし餅等の方が食べやすいでしょう。温かいお茶などの水分も、一緒に用意しておきましょう。

 他のことに気をとられるとふとした拍子に飲み込んだりすることもありますから、食べることに集中して、急に上を向くなど姿勢をかえないことも大切です。

 若い頃には思いもよらないことですが、年とともにむせやすくなります。高齢者ではないからと、他人事と思わずに、せっかくの御祝いの席で心配事なく、おいしいご馳走を家族みんなで楽しめるように、心にとめておきましょう。

2014.01.01 Wed l 歯科関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。